女性部だより

yamajosei.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

広域女性部講習会に参加しました


~ 被災時の応急処置講習会 ~8/9(火)

「災害時に女性ができる救急法」と題して「能美市ふるさと交流センターさらい」にて開催されました。
講師は石川県赤十字救護奉仕団の北村裕一氏・・・東日本大震災の防災ボランティアとして、つい先ごろまで東北の方に派遣されていた方です。
それまでにも国内各地の地震や豪雨の災害時の被災地において、救護活動を行っていらっしゃいます。日焼けした逞しい腕がまず目に入り、頼れる方だという印象を持ちました。

先ず、身近なところから毛布を担架代わりに使った搬送の練習です。横たわった人を毛布の真ん中に乗せるように端を折り曲げる、というちょっとした工夫が必要なことも、実際やってみるとよく分かります。
毛布は災害時に必ず要るもので、少なくとも2枚を、敷く、被ることに使う。体の保温のためには、着物を着るように体に巻くことが重要。

次にケガをしたときの、応急処置として、傷口をティッシュで覆うのは絶対にダメ、とのこと。布が良いそうです。汚れが気になるならライターでさっと消毒すると良い。ストッキングが包帯代わりに重宝するそうで、頭の傷に布を当てて、その上から被るのに良く伸びて丈夫。他にも腕を吊ったり、と本当によく間に合うことを学びました。

災害時に女性が出来ることは沢山あります。何より女性の被災者の不便さは女性でなければ分からない。処置をしている女性の周りを囲って周りの目から隠す、といったことは、その場で自分たちでできることです。
どんな場合も一人ではなく、皆でする、という助け合う気持ちが大切。
自分たちもいつ被災者になるか分かりません。自衛隊やボランティアの方にしてもらうだけではなく、自分たちができることはどんどんやっていかなければ、と思います。この日お聞きした応急処置法を役立てる事態が起こらないように願うばかりですが、大変良い勉強をさせていただきました。

d0235269_13191291.jpg
d0235269_1320781.jpg
[PR]
by yamanakajoseibu | 2011-08-22 13:21 | 活動報告

山中温泉 ふるさと夏祭り

山中温泉では 毎年恒例になっている「山中ふるさと夏祭り」が開催されています。
期間は7月25日から8月24日までの一ヶ月間です
長谷部神社界隈と南町ゆげ街道周辺、毎晩賑わっています。

※クリックすると大きく見られます
d0235269_1593162.jpg



[PR]
by yamanakajoseibu | 2011-08-18 01:01 | 山中温泉だより

踊り委員会の活動をご紹介

~山中温泉医療センターへ慰問に行ってきました!~

毎週水曜にお稽古に精を出している私達ですが、やはりお稽古の成果を見ていただきたい。
昨年もお声をかけていただいた「山中温泉医療センター」のリハビリルームにて今年もご披露させていただきました。さまざまなご病気で入院中の方々が明るい音楽や元気な踊りで、少しでも気分が晴れやかになれば、との思いで出かけました。小児科病棟の子供たちの姿もあり、最後のこいこい踊りに参加してくれた活発な男の子もいました。

正調山中節に始まり、地震で被災された皆様の復興を願い、東北地方に思いを馳せ、「秋田おばこ」「秋田甚句」「秋田節」と東北シリーズも入れました。「尾山ばやし」「鹿児島おわら」「炭鉱節」と元気な曲が続き、「おてもやん」のコミカルな踊りに会場には笑いがあふれ、最後はこいこい踊りで終了です。「来年もまた来てね」とのお声に嬉しさが倍増しました。皆汗びっしょりになりながらも、達成感のある慰問でした。

健康で踊れることに感謝し、これからも続けて行きたいとの思いを新たにしました。また秋に向けてのお稽古に励みたいと思っています。
d0235269_1418334.jpg
d0235269_14113075.jpg
d0235269_14195225.jpg

[PR]
by yamanakajoseibu | 2011-08-04 14:22 | 活動報告